オーストラリアより帰国後の様子。たまーに思い出を語るかも。


by la_traviata1977
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:イタリア旅行2007( 14 )

イタリアの写真

とりあえず並べてみました。
ホテルから見た風景
ヴァチカン美術館の中
ピエタ像
ヴァチカンの窓からさす光
サン・ピエトロ広場
サン・ピエトロ大聖堂
サン・ピエトロ大聖堂2
コロッセオ
シーザーの像
聖マタイの召命
トレヴィの泉
スペイン階段
シエナの大聖堂
シエナの大聖堂の内部
カンポ広場
フィレンツェの花の大聖堂
サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会
温かい所に群がるハト
修復中・・・
ミラノ大聖堂上部
ミラノ大聖堂上部2
ミラノ大聖堂正面
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-02-08 22:56 | イタリア旅行2007

最終日

 今日は最終日。ミラノはする事がないので、ブラブラと歩きまわった。まず最初に再びドゥオモへ。なぜかというと、今日は珍しく快晴で空には青空が広がっていたから!

 過去4回のイタリア旅行、ミラノで青空なんて見たことありません。なので、青空を背景にもう一度ドゥオモを撮影。ブエノスアイレス通りで甥と姪のお土産を買って、後はホテルの周りを歩いてた。

 集合時間は午後4時。ホテルからマルペンサ空港までお迎えがきたんだけど、普通の車。ま、うちら二人だけだからね。おかげで車に酔った。気分が悪かった。人の運転は嫌いだ。

 彼氏から婚約者へ変わった大事な人との楽しい思い出を胸に、愛するイタリアをあとにしたのでした・・・
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-27 21:51 | イタリア旅行2007

6日目

 朝からダヴィンチ・コードでも話題になった「最後の晩餐」を観に行くので早めに起きた。それで余裕ブッこいてしまって、けっこうギリになった。地下鉄に乗って駅を出たころには集合時間の7分くらい前。

 ミラノの街を二人で猛ダッシュ!!なんとか間に合いサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会に到着~♪2度目だから入り口とかわかってたけど、初めてだったら絶対教会にはいってるわ。

 最後の晩餐は教会の隣の建物から入っていくので、ちょっとわかりづらい。15分しかこの名画を堪能できないのが残念。私はフラッシュ撮影が禁止だと思っていたけど、どうやら写真撮影事態がダメらしい。

 あれ・・・数年前に写真撮っちゃったよ。おっかしいなぁ~、変わったのか、それともただの私の勘違いか。謎です。誰か教えて。

 その後は近くにあるスフォルツェスコ城へ。ここに来るのは初めて。なぜか今まで一度も来なかったんだよね。残念ながら中は前面工事中。土の中に沈んでしまった小石を掘り起こしてるっぽかった。

 そこからドゥオモまで得意の徒歩。この辺は歩いた事がなかったので、なんだか新鮮だった。ドゥオモ近くになってきたら、彼には下を向いてもらいました。じわじわドゥオモが見えるより、いきなりドンってきたほうがいいし。

 でも数年前に引き続き修復中。前面の半分は終わってたけど・・・残念、このドゥオモは本当に迫力があるのに。そしてエレベーターで上まで。曇っていたのが少し残念。晴れていたらスイスの国境まで見えるそうな。

 ミラノの観光は半日で終了。この街ってホントに観光する所が無い。なのであとは買い物。ドゥオモの周りはブランドのお店が多いので、地下鉄でブエノスアイレス通りまで行った。めちゃめちゃ買いまくった・・・バーゲン、バーゲン。

 夜はホテル近くのレストランで食事。ポルチーニのリゾットが絶品!!
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-26 21:39 | イタリア旅行2007

イタリア旅行記は続く

 立て続けに更新してるので、左上の「serendipiticios」をクリックして読んでね~。3日目にニュースがあります!
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-25 21:59 | イタリア旅行2007

5日目

 今日はミラノへの移動日。でも列車は午後なので、時間までぶらぶら。せっかく職人の街にいるのだから、と思い彼は皮のカバン探し。

 最初は青空市みたいなところで買おうとしてたけど、品質はそこまで保証できないので、他のお店も見て回る事に。私はついでに結婚式の招待状の封筒に押すハンコ探し。どんなかは招待状が届いた人だけのお楽しみ!

 前に買ったお店で買いたかったけど、営業時間のはずなのに営業してなかった・・・もう、さすがイタリア。ちょっと入った革製品のお店で結構いいカバンを見つけたので、お店の人と話しながらいろいろ物色。

 その店員さんはどうもイタリア人ではない様子。(聞いてはないけど。)英語がきれいな発音で、イタリア訛りがひとつもなかったので、私も楽に通訳をすることができました、よかった。

 カバンを決めたらその店員さんが「ついでにジャケットとかどう?」と言い出して、「いや、もういいわ」と言ったら、「もぅ・・・せっかくのフィレンツェなのに~!」と言ったのがなんだかおかしかった。

 お昼はピッツェリアでピザを食べ、デザートにジェラートを。だがこのジェラートが曲者だった。ヴェッキオ橋をドゥオモ側に渡って左手にあるジェラート屋なんだけど、アイスの種類しか言ってないのに、勝手にめっちゃでかいコーンに詰めてて、しまいにゃ15ユーロだってよ!!

 なんかその時は気づかずに払ってしまったが、ボラれた~!!イタリア5回目にして初ボラれだわ。すいません、なんか彼と二人の旅行ではしゃぎすぎてました。

 きちんとNOと言わなかった自分たちに反省。ホテルで待っていた添乗員さんにダメ出しくらった。ですよね~

 電車に乗ってミラノに到着。自分たちでホテルまで行って、近くのレストランで食事をした。そこの店員のC国人が(C国の料理を食べたわけではない)なんだか無愛想で、ご飯もビミョウだった。このレストランには二度と行かねぇ。

 今日はいっぱい歩いたので、明日からミラノの観光をします。
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-25 21:45 | イタリア旅行2007

4日目

 この日の予定は・・・
 ヴェッキオ宮殿→ドゥオモ→ウフィッツィ美術館→サンタ・クローチェ教会→ミケランジェロ広場→サン・ミニアート・アル・モンテ教会→買い物

 5、6年ぶりにウフィッツィ美術館に行きました。最初彼も「行かなくてもいいかなぁ」みたいな感じだったのですが、だんだんと興味がわいてきたみたいで。

 ウフィッツィにつく直前に「コンニチワ」と話しかけられた。「English?」と聞かれ、すかさずまったく英語を話せないフリ。ホントは彼女が何を話しているか全部わかってたけど。

 要は爆弾をなくすための署名をしてくれ、って事。署名くらいなら、と思って名前を書いたらなんと寄付をせまられた!まぁ寄付も悪い事ではないので・・・でも海外に来てまで、とも思った。

 ここで金を出さなかったら、なんだかすごい悪く感じるので、とりあえず二人で合計10ユーロだしたら、「他の人は20ユーロくらい出してるわよ」と言われ・・・なんだか悪徳な感じがした!寄付金をさらに値上げしようとするな!!なんだかボラれた気分。ちくしょう。

 ウフィッツィの入り口は意外に人が少なく、すんなりと中に入れたのでラッキー。入れる時は入れるもんだなぁ。最初にイタリアに行った年も入り口ガラガラだったけどね。

 数々の名画に彼は感動☆でもあまりに全部の作品をゆっくり観ていこうとするので急かした。こんな速度で観てたら、ウフィッツィで一日が終わってしまう。

 それからご飯を食べて、サンタ・クローチェ教会を通過し、ミケランジェロ広場へ。なんとこの広場まで徒歩です。徒歩って・・・どんだけ金をケチるんよ。まぁ普段見れない景色とかをのんびり見ながら歩いて行きましたが。

 意外にやれるもんですわ。階段がしんどいけどね!広場でイタリア人のおじさんに話しかけられ、写真を撮ってくれた。最初うちらががんばって二人の写真を撮ろうとしてたから・・・

 おじさんが撮ろうとしてくれてるときに、おじさんの後ろでC国人が覗き込むんですよ!デジカメのスクリーンを!何しとんじゃ、こら!!?日本のデジカメがすごいか!?あー、高性能ですよ、あなたの国と違ってね!!

 写真を撮り終わったあとで、「どうもありがとう」とイタリア語で言ったら、「イタリア語話せるの!?」だって。いえ、ありがとうくらい覚えれば言えます。でもイタリア語をちょっとだけ勉強してたので、「イタリア語は話せません」と普通にイタリア語で言ったら、めっちゃ笑われた。

 「イタリア語話てるじゃないか~!そんなうそつきはピノキオみたいに鼻がのびるぞ!」と上機嫌。東洋の娘がイタリア語をしゃべったのが嬉しいらしい。

 そのおじさんの勧めで、ミケランジェロ広場のさらに上にあるサン・ミニアート・アル・モンテ教会まで行きました。広場よりさらに高台にあるので、もっときれいなフィレンツェの風景を一望することができました。

 おじさんいわく、ピノキオの作者の墓もそこにあるというので、行ってみたのですが・・・よく考えたら、うちら二人作者の名前しらん。ここの教会も裏は完全な墓地でした。海外に来て墓地を歩く観光客・・・

 再び中心街に戻って、買い物をして食事。彼は海鮮リゾットを、私は鶏のクリーム煮を。この鶏がめっちゃおいしかった~!胸肉なのに全然パサパサしてなくてしっとり。クリームもギトギトした感じはなく、なんだかあっさり。また食べた~い!
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-24 21:22 | イタリア旅行2007

3日目

 ようやく3日目でございます。彼の家にネットがあれば彼が寝てる間に更新できるんだけど、ないしね。

 今日はローマからフィレンツェへの移動日。途中世界で一番美しい広場があるシエナと塔の街サン・ジミニャーノへと向かいます。この日は他のツアー客と一緒に行動です。

 朝食でパクッてきたヨーグルトを袋に忍ばせ、そこにカーディガンや傘をいれていた。この日はあまり天気がよくなかったもんなぁ。

 2時間ほどして(って実際どのくらいか覚えてない)シエナに到着したら、やっぱり小雨がパラつきだした。彼が傘を出そうとしてビニール袋から取り出したら
 「なんかこの傘濡れててベトベトする・・・」

 !!

 イタリアの製品をなめてましたよ・・・別にヨーグルトの蓋とかが取れてるわけじゃないのに、なぜか隙間からヨーグルトがもれてるよ・・・なんでもれるんだよ・・・ちゃんと密閉されてるのにさぁ・・・

 そこがイタリアですが。

 シエナでおいしい食事をして、サン・ジミニャーノでちょっと退屈な時間を過ごして・・・なんでかっていったら、店がほとんど閉まってるし小さな街だし・・・しかも私4回目やし。

 なんとなくバスに酔いながらも無事フィレンツェにたどり着くことができました。ホテルはヴェッキオ橋のすぐ近くだったので、とっても便利☆

 まずは花の大聖堂に行きました。でももう暗かったし、彼には明るいところで見て感動してほしかったので、大聖堂はまた明日。

 とりあえず買い物開始。今はバーゲンの時期なのですが、それも終わりに近づき、同時に春夏の新作も出だす時期です。でも雨は降ってるし、歩道は狭いしでちょっとウザかったので、さっさとレストランに入りたかった。

 とりあえずお目当ての天使の小物が売ってるお店に行きましたが・・・ない!!なんか時計屋さんに変わってるし!!はぁぁぁぁぁ・・・・ショック。財布を買いなおしたかったのに。日本ではほとんど手に入らないし、ネットであっても18,000円とお高いし・・・

 これが買い物の目的だったのに・・・3年の月日は街のお店をいろいろ変えてしまったようです・・・書いてないけど、ローマでも同じような事がありました・・・

 あきらめて、夜はカルボナーラがおいしいお店へ。彼はそろそろ肉が食べたいということで、フィレンツェおすすめのTボーンステーキを。塩コショウで味付けしただけのとってもシンプルなものですが、肉の味がしっかりしててとてもおいしいです。みなさんもフィレンツェに行ったらぜひ。

 このお店、1階はテーブルが近くてなんだか少し落ち着かないんだけど、2階は結構ゆったりしてました。よかった、2階に通されて。ワインもおいしくてしゃーわせ~♥

 会計も済ませた後でなにやら落ち着かない彼がまじめな話を・・・と言い出して。そしたらなんとぉ!プ、プ、プロポォズされました!(๑→ܫ←)

 全然予想してなかっただけにビックリ!思わず涙がでてしまいました。今はペアリングがあるし、後々結婚指輪もあるから今回は婚約指輪ならぬ、婚約ピアスをもらいました!わぁい、初めてのダイヤだぁ~♡

 いよいよ正式に彼の妻になれます♡式場の情報待ってます。

 直接言いたい人もいたんだけど・・・Tさん、スカイプで報告しようと思ったのに、間に合いませんでした。ごめんなさい。
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-23 22:20 | イタリア旅行2007

2日目 ②

 さぁて、2日目の続きですが・・・

 ヴァチカン美術館に入るのに以前は朝から長蛇の列を作って開館時間をひたすら待つ・・・というものでしたが、どうやら予約制になったらしいです。

 うちら個人で行っってたら、きっとそんなこと知らなかった・・・なんせガイドブックも2000年のものですから。古すぎ。

 中の彫刻やタペストリーなどを見て回って、いよいよメインのシスティーナ礼拝堂。ここのあるのはミケランジェロが描いた「最後の審判」を観に。

 本当はこれを観にいく予定はなかったんだけど、どーしても彼が観たいというので・・・ローマは広いし、他も観光したいなら無理!とは思ったんですが、意外にいけました。

 あまりのすごさに彼は圧倒されておりました。ここでは写真撮影はおろか、大きな声でもおしゃべりも禁止されております。あんまりひどいと各国の言葉で放送がながれます。「止めてください」風な・・・

 それからヴァチカンを出て、まずは地下鉄に乗ってサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ教会へ。その後行ったのはコロッセオ→フォロ・ロマーノ→ヴェネツィア広場→ナヴォーナ広場→サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会→サンタゴスティーノ教会→パンテオン→トレヴィの泉

 あのね・・・全部歩きましたよ・・・はっきり言ってものすごい距離やと思う。本屋でガイドブックで縮尺確認してみてよ!!行った事ある人はわかると思いますけど!!

 こんなにいろんな場所を訪れたけど、私の中のメインはただ一つ!サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会!!3年前に観ることのできなかったカラヴァッジョの3部作を!!すごかったなぁ、すごかったなぁ!!やっぱきれいだったなぁ・・・

 いやぁ、でもこんだけ歩くとさすがに疲れた・・・疲れたよ、パトラッシュ・・・
b0036655_21551467.jpg

 しまいにゃレストランで別のもの持って来るしさぁ~。もちろん取り替えてもらったけど。だったポルチーニのパスタが食べたかったんだよー!
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-22 22:31 | イタリア旅行2007

2日目 ①

 今日は日本であらかじめ予約していたオプショナルツアー「ヴァチカン美術館」の見学。初めてのガイド付きの見学なので楽しみ!8時45分に別のホテルに集合だったので、7時には起床。朝ごはんを食べるためにね。

 そしたら7時20分くらいに部屋の電話が鳴って・・・
女の人「申し訳ありません。少々遅れますので7時40分にはそちらに着けると思います」

 はあ!!!??

私   「え!!?昨日は8時45分に●●ホテルに集合って聞いたんですけど!?」
女の人「そうなんですか?でも7時40分にはそちらに行きますので」
私   「昨日言ってた事と全然違いますよ!?」
女の人「あぁ・・・でも今向かっておりますので・・・」
私   「(だめだこりゃ)・・・じゃあ準備します・・・」

 ってな具合にの集合時間を添乗員に教えられたよ!!※ほぼ個人旅行なので、添乗員はホテル到着時くらいしかいない。添乗員が一番やっちゃいけないミスなんじゃないの!?これ!?

 朝食も食べれず、バタバタ準備をした。集合場所が別のホテルだったから、あらかじめタクシーを呼んでてもらおうとおもったけど、フロントの番号がわからず。

 とりあえず0階に駆け下りる。(イタリアは0階から始まる)そしたらそのオプショナルツアーのガイドらしき人がいた。最初の添乗員集合場所までも嘘を教えやがった・・・

 とりあえずドタバタ騒ぎでなんとかそのツアーに合流できたのでした・・・<続く>
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-22 18:29 | イタリア旅行2007

1日目

 日曜日に帰国しました。ちらほら旅行記を書いていきます。写真は彼氏の家にあるので、後々アップしようかと。

 今回は成田から直行便のためなのか、ものすごく朝が早い。始発の飛行機で福岡→成田へ。なので土曜日の晩から博多に泊まった。

 ネットで見つけたとっても安いホテル。地下鉄の祇園駅の近く。そのホテルの近くにあった餃子屋さんで晩御飯。店の名前をど忘れしたが、どうやら有名なお店っぽい。

 なぜなら店の至るところに有名人のサインが!ほんとにメジャーなひとばかりでした。店の中は混雑してるわりにはすんなり席に座れた。まぁ、ぎゅうぎゅうって感じやったけど。

 小さい餃子を丸い鉄なべ・・・あ、店の名前「鉄なべ」やったかな?・・・に敷き詰めて焼いてた。手羽先もとろけるように柔らかくてすごくおいしかった!

 そんで次の日成田について、いよいよ12時間45分の長旅へ・・・初めてヨーロッパに行く彼はほとんど機内の中で眠れずぐったり・・・私は結構元気でした。

 事故もなく(あったら生きてないですが)無事にイタリア到着。ここでめんどいのが入国管理。EU圏内の人の窓口が二つ。圏外の人たちの窓口も二つ。

 そんなんでスムーズにいくか!!ものすごい数の人がわらわら入管の前にいるが、列は一向に進まず・・・

 そんな状態にシビレをきらしたイタリア人の職員から出た言葉は・・・
 「日本人だけ通しましょう!」

 えええ!?(☉д⊙)そんな事していいの!?入管でしょ!?なので彼氏はパスポートすら見せてません。恐るべし、「日本人」というブランド。ツカツカ進む日本人に混じる中国人は当然のごとく止められました。

 ローマのヴィクトリアというホテルについて、食事をして眠りました。あー、疲れた。ディナーはボロネーゼとマルゲリータ。

 ボロネーゼはどこでも食べられますが、マルゲリータは意外に日本では少ない。あってもいまいち納得のいかない味。もちろん、このお店のはおいしかったです。
[PR]
by la_traviata1977 | 2007-01-21 21:04 | イタリア旅行2007